アサーション力を高めたい大学生、挙手。

※Twitterのアカウントを作りました!(@shin_onodera)
有益なこと・不快に思わないことを呟いていきます。気が向いたらぜひ覗いてみてください。

世の中でコンセンサス・アサーションという言葉が盛んに使われるようになって久しいですね。
僕のような隅っこ大学生ですら聞いたことがあるので、今を生きる大学生・社会人の方の多くが耳にしたことがあると思います。今後のキャリアにおいて、この二つの観点から僕らが評価されるのは、ほぼ間違いないでしょう。
この2つの能力を高めて損は無いでしょうから、高める方法をみんなで共有しようというのがこの記事の趣旨です。


そもそもコンセンサス・アサーションとは?

コンセンサスとは即ち合意形成のことで、会議や交渉などで意見が一致することを指します。
アサーションはもう少し複雑なものなので、定義を引用しますと、


「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しながら率直に自己表現ができるようになることを目指します。

weblio辞書. アサーション より

となります。
お互いを尊重しながら率直に自己表現をする」というのが肝っぽいですね。
ディベートのような用意された環境でするのではなく、日常生活から実践して体に馴染ませていきたい考え方ですな。
個人的にはアサーションの考え方で議論をした結果、みんなが満足できる合意形成(コンセンサス)が取れるのが理想か、と思います。
カタカナが多くて、なんだか意識高い系っぽいですが慣れていきましょう。(笑)

アサーション・トレーニング…?

では実際アサーション力を高めるとして、何が効果的なのでしょうか?

前述のWeblio辞書に載っていたアサーション・トレーニングが一般的には効果的な方法とされています。
アサーション・トレーニングと言うのは、自分の自己表現のタイプ(意見を言えない・自己主張が激しい…etc)を認識し、普段の生活のコミュニケーションで理想の返答をできるようになりましょう!というもの。幾つかサイトを覗いてみると、「練習問題」なんていう項目もあっていかにも就活ビジネスって感じですね。
個人的にはこのアサーション・トレーニングはお勧めしません。就活性ならば付け焼刃の公式的なアサーション力を身に付けたいかもしれませんが、僕らはそんな次元を目指しているわけではないですからね。


アサーションの根本にある精神

色々なテクニックが世の中には溢れていますが、その中で個人的に色々調べて、試してみて効果があると強く感じたものを共有します。アサーションが自然にできるメンタルを持てるような根本的なやり方をここではご紹介します。



1.慈悲のマインドフルネス

「慈悲」、「マインドフルネス」という二つの単語を見て、うわっ宗教だ!!と思った方、素晴らしい反射神経ですね。
これからもそのリテラシー能力を生かしていってください。でも今回は待って。お願い、宗教じゃないから。マインドフルネスはあの大企業Googleもお勧めしてますんで。
このマインドフルネス(=瞑想)では、誰もが感情を持っていて、苦しみを減らして、幸せになりたいと思っていることを認識する+メンタルを安定させるものです。
具体的な方法は、

1.リラックスしてイスに座る。

2.自分の背骨が旗の支柱で、身体が旗になったようなイメージを浮かべる。 

3.自分の意識のスポットライトを身体に向け、身体の重さを意識する。

4.目を閉じる。

5.自分が今日出会った人のなかで、楽しい会話をした人を思い浮かべる。誰にもあってなければ、過去にさかのぼってもOK。

6.その人を思い描きつつ、次の言葉を言う。

7.「この人は、心と体を持っています。わたしと同じです。気持ちや感情、考えもあります。わたしと同じです。悲しんだり、がっかりしたり、怒ったり、混乱したりすることがあります。わたしと同じです。人生で肉体的、心理的な苦しみを経験しています。わたしと同じです。人生で喜び、幸せ、愛を経験しています。わたしと同じです。この人は、幸せになりたいと思っています。わたしと同じです。この人が幸せでありますように」

8.目を開ける。

パレオな男. くやしいが「慈悲の瞑想」はやっぱりメンタルに効果があるようだ より

という感じ。これを僕は2週間ほど通学の電車内でやっています。もちろん声を出さずに心の中で呟く感じです。
今までは嫌なことがあると、そのことを何度も思い出したりしていたんですが、始めてからはそういうことも減ったような気がします。
ルーティーン的ではありますが、他人も自分と同じだと心の中で何度も唱えることになります。継続していくうちに他人が利益を求めていること、そしてそれは自分も同じである。という当たり前のことを深く再認識できますんで、根本的なアサーション力を高めるのにかなり有効かと思います。
個人的にはお勧めです。他人を尊重するにはまず自分のメンタルが安定していること。そして相手も自分と同じであるという事をリアルに体感することが不可欠ですから。

まとめ

今回はアサーション力を高めるための方法として、根本的なメンタル作りについて共有しました。ぜひ皆さん、やってみてください。
反響が多ければ、また続編も書きたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする