Twitterでフォロワーがいなくても筋肉があれば確定でバズる。

Twitterで(軽く)バズってしまいました。
僕がTwitterを始めたのはかなり最近で、フォロワーも30に満たないのですが「いいね」が余裕で300を超えております。

ちなみにこの方法は再現性が非常に高いです。皆さんもこの方法を知ってしまえば、無限にバズることが可能です。
さて、もったいぶるほどの事ではないので結論を言いますね。


100%(軽く)バズる方法とは…

「筋トレに最高!」
という趣旨のツイートの末尾に@badassceoと打ち込む。

これです。@badssceo とは有名な筋肉自己啓発アカウントTestosterone先生のユーザー名です。
この方はかなり律儀かつ良心的な人で、自分のユーザー名が書いてあるツイートはほぼ必ずいいねしてくれます。いいねしたツイートは高い確率でフォロワーさんのTLに流れるので、Testosterone先生支持者の同士たちが、流れてきたそのツイートをいいねしたり、RTすることで(軽く)バズるということなんですな。

ツイートの末尾に@badassceoと書いてある。

これはこの世で一番簡単なバズる方法だと思います。再現性もかなり高いので皆さんもこの方法でぜひバズってくださいね。筋トレ仲間も増えます。筋トレのツイートでバズるとトレーニー達とつながれます。


Testosterone先生の教えてくれた筋トレの良さ

ツイートにもあるよう僕は現在、筋トレを習慣として行っています。筋トレは極めて楽しい趣味です。体が力強くなっていく様をみるのはエキサイティングだし、目標の設定とその達成を繰り返していくのは自分の自信になります。
筋トレを始めてから栄養管理や睡眠についても関心が高まり、QOLが高まっているのを実感しています。筋トレは正義です

筋トレを始めたきっかけの一つが、Testosterone先生のツイートでした。今回はバズるために先生を利用するかのような言い方をしてしまいましたが、先生に対しての感謝の気持ちは本当にあります。

ということで、記事の締めとして先生の名言の紹介と先生のサイト・著書の宣伝をしたいと思います。
別に著書を宣伝して、広告費を稼ぎたいわけではありません。純粋に先生の著作を世に広めたいのです。本当なんです。
(ていうかマジな話、システム的に僕のサイトから買うと僕にもうまい棒2本分くらいお金入るので、それが嫌な方はぜひ他のページから改めて検索して買ってください。よろしくお願いします。)


筋肉は最強の護身術。

筋肉は君をパワハラや弱い者いじめから守ってくれる「お守り」となるのだ。「怒らせるなキケン」という筋肉が放つメッセージは、最強のお守りだ。核兵器だってそう。あれは実際に使用して相手を殲滅するためのものじゃない。「もし攻撃したら、お前んところも潰すぞ?」という威嚇のため、つまり抑止力として保有しているのだ。人間関係において筋肉は、核兵器の抑止力と同等のパワーを持つ。しかも、筋肉から放射能は出ない。クリーンエナジーだから安心して筋トレに励んでくれ。 



『筋肉は最強の護身術である』より

個人的にクリーンエナジーの部分のユーモアが好きすぎて太字にしてしまいました。筋トレをして立派な体になって、知的なジョークをさらっと放つ。これが僕らの目指す姿ではないでしょうか。


留学をする大学生,出張する社会人にも筋トレは有効。

日本人がマッチョだと海外で超評価される。海外における日本人のイメージは「華奢で気が弱く頼りない」なので体を鍛えておくだけで「こいつは一味違うな」「仕事できそうだな」と思わせる事ができる。海外ビジネスシーンにおける筋肉の恩恵は計り知れない。筋肉は万能である。筋肉あればなんとかなる。

Testosterone (@badassceo) 2017年7月30日,Twitterより

このツイートが僕の筋トレを始めるきっかけとなったものです。
筋トレは体を強くするだけではなく、社会的な信用も与えてくれる。こんな素晴らしいものありますか?


『筋トレ×HIPHOPが最強のソリューションである 強く生きるための筋肉と音楽』

Testosterone先生がまた本を出してくれました。
それがこの『筋トレ×HIPHOPが最強のソリューションである 強く生きるための筋肉と音楽』です。
この本にはHIPHOPを聴きながら筋トレをすれば人生の99%何とかなるという信念が詰まっています。しかも筋トレ界の王Testosterone先生と孤高のラッパー般若さんのコラボ作品です。
筋トレにまつわる様々なシーンに対応した筋トレ専用のHIPHOPソングと、筋トレのモチベーションアップにつながる名言が掲載されています。
実は僕もこの記事を書いている段階では注文したばかりでまだ届いていないのですが、軽く調べた感じではかなーり良さそうです。

収録曲(文響社のプレスリリースより)

・「黙ってやれ」→ジムに行く気がしないときや、サボりたくなったときに叱咤激励する
「ワンモアレップ」→ワンモアレップ、限界突破が成長のカギである。ジムのワンモアレップに比べたら人生の逆境なんて楽勝
・「SKIT」―合コンで女の子が筋肉をメッチャ褒めてくれる
「大丈夫」→さて筋トレも終わった。これぐらい人生でも頑張れるならかなえられない夢なんてない。
など、豪華な14曲が収録されています。個人的には合コンで女の子が筋肉をメッチャ褒めてくれると説明されている「SKIT」が気になりますね。早く聴きたい。

ということでバズらせてくれて、筋トレのモチベーションも引き上げてくれるTestosterone先生と、彼の言葉を聞く同志たちの健康を祈りながら。
最後に先生のとっておきの名言で締めたいと思います。ではまた。

ダンベルは絶対に裏切らない、バーベルは何処にも行かない

Testosterone (@badassceo) 2016年10月23日,Twitterより

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする