時間を無駄遣いせずに有意義に使う方法。

早速本題ですが、時間をを図式化してみましょう。

時間 = コストとしての時間 + 有意義に使う時間 + その他の活動に使う時間

これさえ分かっていればもう有意義に使えると思います。
ずばり「その他の活動に使う時間」を減らせば、当然ながら「有意義に使う時間」が増えるという事になります。

ただひたすらに時間泥棒を排除せよ

時間泥棒とは時間を無意味に消費してしまうものです。
特徴は1.情報量が多い 2.刺激が強い 3.習慣化しているの3つです。

それらの特徴を全て備えているものの例を挙げると、テレビ・スマホ・ポルノの3つが代表例になります。

テレビやスマホ、ポルノ作品が無意味と言っているわけではありません。
大切なのは、「友人が海外旅行に行った報告をSNSで見たり、さして興味の無いアイドルの歌をなんとなくテレビで観たりすること」が今のあなたに必要か?という事です。習慣化しているから見ているだけです。

SNSやテレビ、ユーチューバーの話題に乗れないと仲間外れにされるという人。あなたにとってはSNSやテレビというのは「コストとしての時間」かもしれませんね。また興味の無い野球やゴルフについて知識を付けなければならない社会人にとっては、それらのリサーチ時間は「コストとしての時間」と言えるかもしれません。

あなたの生活を意義深いものにするためにはどの時間が必要なコストなのか、どの時間が不要な時間なのかを見極めることから始めましょう。

とは言っても、どんな無意味と思われる時間の使い方にも役に立つ時がくるかもしれません
個人的にはくだらないことを有意義な時間に変えていくという力技もありだと思います。

積極的に行動すること・全力を出すこと・受け入れること。これが僕の行動の指針です。真似したほうが良いというわけでは決してありませんが、こういう考え方もあるという事で述べておきます。

 

追記あるいは蛇足:ポルノについて

小倉ゆず、上原亜衣、尾上若葉などなど…。素敵なポルノ女優は沢山います。
一肌脱いで頑張る彼女たちへのリスペクトとして、俺も一肌脱がなくては…。
気持ちはわかります。しかしあなたが一肌脱ぐ必要はありません。ネット上に転がる無料動画をいくら見ても、彼女たちにギャランティは入りません。

ポルノの何がいけないか。僕が説明しなくても分かっているのではないですか?
結局のところ、ポルノも習慣です。僕と一緒に観るのを我慢しましょう。
イマジネーションの力でエロの世界に飛び勃ちましょう。

最終的に下世話な話になってしまいました。すみませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする