免許合宿はつらい?あなたに楽に最短合格する方法を授ける。

どうも。現在、免許合宿の宿泊先のホテルから記事を更新しています。本題に入る前に僕の状況を説明しておきますと、
僕の16日間のプログラムをやっとすべて終えたところです。あとは免許センターで筆記試験を再度受けるのみです。

合宿に一緒に行った友人や、教習所で知り合った人たちに「合宿中でいつが辛かった?」という質問をすると全員が同じ回答をしてくれたので、それをまとめます。きっと皆さんの役に立つこと間違いなしです!

免許合宿の辛い所・その乗り越え方

免許を取ったら恋人とこんな素敵なところを走りたいです。僕だけ?笑
-韓国,釜山の広安大橋

1.入校してから1週間を乗り越えればなんとかなる

僕の体感的にも、一般的な意見としても「免許合宿は入校してから1週間を乗り越えるのが一番きつい」というのはまず間違いないと思います。免許合宿に通っていて、まだ入校してから1週間経っていないという方はきっと今しんどいと思います。でも心配しないでください。その時期は苦難の時期です。僕と一緒に乗り越えましょう…!

最初の1週間がきつい理由は数多くありますが、そのうち大きな理由を挙げると
・生活リズムを教習に合わせなければならない。
・修検(仮免許試験)のプレッシャーがきつい。
・教官が怖い。運転が難しい。
の3つです!

これらについては細かく述べていきます。

生活リズムを教習に合わせなければならない

多くの人が長期休業中に免許合宿に行くと思います。
長期休業中は生活リズムが崩れがちですし、そもそも大学生にとっては生活リズムなんて合って無いようなものです。(断言)

教習所は学生を最短で合格させるために、時間で縛り付けてきます
僕の通っていたところでは8:00までにホテルの食堂に行かないと朝食が食べられないシステムになっていたので毎日7:30に起きていました。
このシステムに馴染むまでは体が結構しんどいです。 慣れない環境で眠りも浅いし、睡眠時間も短いしでキツい。
睡眠はメンタルとも直結していますので、これが免許合宿の辛さの根本だと思います。

これを解決するには宿泊先でリラックスするために気に入った音楽や、好きな香りのボディソープなどを持ち込むことが有効です。僕も自分の部屋に帰るとずっとQueenを聴いていました。すこしでも家に環境を近づけて睡眠の質を高めること。これが重要です。

これくらい熟睡できると最高。普段布団で寝ている人は和室の宿泊先を。
普段ベットの人はホテルを宿泊先として希望することも有効です
。環境を家に近づけよう。

修検(仮免許試験)のプレッシャーがきつい

仮免試験に落第すると問答無用で滞在延長になります。
でも大丈夫です。仮免試験には必勝法があります。僕の言ったことを素直に実行すれば何とかなります。たぶん大丈夫だと思うけど、落ちたらごめん。(無責任)

実技の必勝法

メリハリを付けて走る」かつ「大げさに  

「メリハリつけて走る」と「大げさに」は寝る前に呪文のように3回唱えてもいいくらい重要なことなので必ず憶えておきましょう。

「メリハリを付けて走る」とは、直線とカーブで速度に違いを付けるという事です。例えば具体的に言うなら、「直線なら25km/hを出して、カーブならぐっと速度を抑えて15km/hにする。クランクとS字はクリープ現象をブレーキで押さえながら進む。」などといった工夫をして走ることです。
直線で速いスピードに感覚を慣らしておくと、カーブを余裕を持って曲がれるようにもなるので運転の流れがスムーズになります。

「大げさに」とは安全確認を大げさに、ということです。
”安全に運転する意思・技量”を確かめるのが仮免実技なので、安全運転をする意気込みが見られればOKというのが仮免実技の正体です。つまり安全確認を制する者は実技を制するという事です。

上記のように速度コントロール・確実な安全確認をして走ると、教官の受けがいいです。
付け足しておくと個人的にはYouTubeで運転テクを収集するのはやめた方が無難かと思います。結局、教官のアドバイスを実践したほうが上手くいきます。

筆記の必勝法

ネットに頼るな。教本を読み、問題集を解こう

筆記の攻略はこれに尽きます。MUSASI とか楽勝問題のようなスマホなどを使ってネット上で解ける問題集も良いんですが、ずっと使ってると頭がめちゃ疲れてきます。特に僕のような環境の変化に敏感な人は脳疲労が蓄積しやすいんで、特に紙媒体の問題集をオススメします。

『すべての疲れは「脳の疲れ」 脳疲労をためない新習慣』-日経ウーマン

紙媒体の問題集は教習所の受付で800円程度で買えますので、初日に購入しておくのが吉。とにかく授業を真面目に受けて、教本を読み込んで、部屋に戻ったら問題集を解くというのが大切です。これで僕は効果測定も仮免筆記も満点で合格しました。

これは僕の意見ですが、免許合宿を始めたばかりの時は観光とかする必要はありません。だって免許合宿先に観光スポットなんて碌なの無いですからね。後半の日程で1・2日を使って観光すれば全スポット回れます。楽しみは後に取っておきましょ。

蛇足1:仮免の筆記は県が作成していますが、効果測定(筆記試験の模試)は教習所で作っています。生徒により勉強をさせるために効果測定は実際の筆記問題よりも難しく・意地悪に作られてます。なので効果測定で低い点数をとっても心配する必要はありません。落ち着いて問題集を解いて備えましょう。

蛇足2:よくネットで筆記試験はクソ問題だらけなどと書かれていますが、そうでもありません。明らかに日本語が不自由な問題はまず出ません。あまり考えすぎないように…。
ある種の頭の良い人は思考が深く、問題文を様々に解釈してしまいがちです。そんな人は筆記試験を小学生のやる「小テスト」だと思って気楽に解いてくださいね。

仮免試験は緊張するものだが…

大丈夫。まず落ちません。確かに事実としては仮免試験の合格率は90%ほどです。つまり100人受ければ10人程度は落ちるということ。落ちる可能性は0ではありません。
でも落ちないから。理由とかないけど大丈夫。落ちない!!
冷静にやれば大丈夫!マジで!!

ーーーーーーーーー

もし仮免試験落ちた人がこれを読んでいるようでしたら、その人にはこの言葉を贈ります。
ローマは一日にして成らず
ローマという素晴らしい都市が出来上がるまでに700年の歳月がかかりました。
同じように、あなたという素晴らしいドライバーが出来上がるには多少長い時間がかかるかもしれません。でもすぐに素晴らしい運転をする日が来ますから安心して再チャレンジしてくださいね。
そして再試験料2850円のことを忘れないで。あなたは他の人より教習所に金払ってます。偉いです。肩で風を切って教習所を歩いてくださいね。

ーーーーーーーーー

教官が怖い。運転が難しい。

教官は怖いものです。彼らはサービス業だと思ってやってません。嫌な教官が当たったら、受付に即報告しましょう。半分くらいの確率で優しい教官に当たりますから、それまでハズレの教官をブロックしまくってやっていきましょう。

運転は難しいものです。逆に言いますけど20時間かそこらで完璧に車を操れたら天才です。とくに最初の1週間なんて10時間も車を運転しません。
教官に嫌味を言われても受け流しましょう。受け流せないくらい傷ついたときは恋人や家族に電話をしましょう。誰かに打ち明けるってすごく気が楽になります。勿論、一緒に行っている友人に話しても良いと思います。

この辺りは割と解決が難しいかもです。良い解決策の情報あれば教えてくださると助かる…。

田舎に意外とスタバがあったりします。 ホテルや教習所では勉強に集中できないという人は、
カフェやマクドナルドを探してそこで勉強しましょう

免許合宿は辛いくらいが後々思い出になる説

色々行ってきましたが、僕のアドバイスを実践してもなお辛いという方がいるかもしれません。そういう人はとにかく仮免試験を乗り越えることに集中することです。仮免試験が終わればかなり楽になります。
辛い思いは後々良い思い出になるとも言います。めげずに踏ん張りましょう!心から応援しております!!

番外編:読書マジ最高

僕の場合は教習所で辛い思いをしても、読書で別の世界に思いを馳せると不思議と心が楽になりました。ホテルで静かに読書をするのも中々良いものですよ。いくつかお勧めの書籍を貼っておきます。近くの古本屋で見つけたときは買ってみてネ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする